溶接での保護具についてオススメアイテム【後編】

溶接作業中は紫外線、赤外線、ヒュームや熱など注意することが色々あります。
その中から特に注意すべきことは4つ挙げられます。
『熱』、『光』、『飛散物』、『ヒューム』この4つは特に意識しておきたいところです。
では、どのようにして保護していく必要があるのかまとめていきます。

前編では『熱』、『光』についての危険性とオススメしたい保護具について紹介しました。

あわせて読みたい
溶接での保護具についてオススメアイテム【前編】 溶接作業中は紫外線、赤外線、ヒュームや熱など注意することが色々あります。その中から特に注意すべきことは次の4つが挙げられます。 『熱』、『光』、『飛散物』、『...

今回の後編では『飛散物』、『ヒューム』の危険性とオススメしたい保護具について説明します。

目次

『飛散物』についての危険性とオススメしたい保護具


アーク溶接は溶接中に『スパッタ』と呼ばれるものが飛散してきます。

『スパッタ』とはアーク溶接中に発生する、金属の粒子のことです。

もっと簡単に説明しますと、熱を持った小さい金属で、飛んでくると当然ながら痛いですし、熱いです。

そんな『スパッタ』を身体から守るためには、前編で紹介した、耐熱手袋、遮光面はもちろん溶接エプロンや、溶接用腕カバー、溶接用足カバー、安全靴なども必要になってきます。

『溶接エプロン』、『溶接用腕カバー』、『溶接用足カバー』は耐熱手袋同様に耐火性に優れているのがいいです。

腕や足のカバーは忘れがちですが、スパッタは思った以上に色々な部位に飛んできますので、怪我して後悔する前に購入しておく必要があります。

オススメしたい溶接エプロン

溶接をしているとき火花が飛んでくるので、体を保護する必要があります。溶接エプロンは重要で、できるだけ耐熱に優れているのをおすすめします。

本革であれば耐熱に優れているので、穴が開くこともなく、素材が柔らかいので動きやすいです。

オススメしたい溶接用腕カバー

オススメしたい溶接用足カバー

スター電器製造(SUZUKID)
¥4,870 (2023/01/20 07:38時点 | Amazon調べ)

『ヒューム』についての危険性とオススメしたい保護具

アーク溶接時、高温で蒸発した金属などが周囲の大気中で冷やされて、微細な鉱物の粉じんとなり上昇することを『溶接ヒューム』といいます。

この溶接ヒュームを対策しないで多量に吸引すると、金属熱や、じん肺にかかる恐れがあります。

『ヒューム』の保護方法

ヒュームから身体を守り、安全に溶接をするには、溶接方法・溶接材料を選定して、ヒュームの発生量を提言させることが大切です。

また、換気することでヒュームを排出することも必要とされます。

しかし上記だけでは防げない場合もあります。

そこで上記以外で徹底して欲しいことが『防じんマスク』の着用です。防じんマスクを着用することでヒュームの吸引を防ぐことが可能となります。

オススメしたい『防じんマスク』

後編まとめ

今回は、『飛散物』、『ヒューム』から守るための保護具について紹介させていただきました。

前編・後編のアイテムを揃えることで感電防止にもなります。

安全に溶接を行う上で、ぜひ揃えておきたいアイテムとなります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次